モニ活(モニター活動)とは?稼げる?メリット・デメリットややり方などご紹介!

アドセンス(リンク広告)

スポンサードドリンク




最近女性を中心に話題になっているモニ活。

果たしてモニ活とは一体何なのでしょうか?

気になります!

リサーチしてみました。

スポンサードリンク

モニ活(モニター活動)とは?

「タッチパッドが使いこなせないハリネズミ」

モニ活とはどうやらモニター活動の略称のようです。

最初私は「モーニング活動」=「朝活」のことかと思いましたが、そうではないようです。

モニ活(モニター活動)とは、企業の商品やサービスのモニターとして協力したり、

アンケートに回答することで、そのリターンとしてポイントや商品を受け取ることです。

ためたポイントは、その額に応じて商品やお金と交換することができ、

一部では、アルバイトよりも効率がいいと話題になっています。

モニ活(モニター活動)のメリットとは?

「「そうだ!」思いついた表情の男性(半袖)」[モデル:大川竜弥]

モニ活(モニター活動)のメリットはずばり、参加のしやすさにあります!

普通のアルバイトは一度採用が決まると、継続的な勤務と決まった期日での給与支給となりますが、このモニターについては、案件ごとの参加、案件ごとの支払いになるので、気に入った案件を探し、気ままにモニターとして応募することが可能です。

このことから、特に家事や育児で忙しい主婦の方に人気となっています。

モニ活(モニター活動)のデメリットとは?

「暴落して追証発生・・・困った顔の会社員」[モデル:大川竜弥]

逆にモニ活(モニター活動)のデメリットはあるのでしょうか?

実際に利用を検討されている方の懸念点を見ると「セキュリティは大丈夫か」「個人情報が漏えいしないか」という点が多いようです。

これについては「大丈夫」なようです。

個人情報が流出したというニュースやコメントはありませんでしたし、メールアドレスが流れて、迷惑メールが届くなんていうこともありません。

しいてデメリットを上げるとすれば「案件によっては単価が低い」ことでしょうか。

モニターと一口に言っても、その案件は多岐にわたります。

中にはアンケートに答えるだけというものもあるのですが、

こういった案件は時間はかからないのですが、単価が良くありません。

なので、どんどん稼ぎたいという人にはもどかしく、中には頑張ってもリターンが少ないということで続かないという人も一定数おられるようです。

モニ活(モニター活動)のやり方は?

モニ活をするには当然モニターとして応募しなくてはなりません。

私が調べる限り、モニターとして応募する方法は以下の2通りです。

① モニター応募サイトに登録する

② 企業に直接応募する

現在は①の「モニター応募サイトに登録する」というやり方が一般的です。

②については、モニター募集しているかどうかが分かりづらく、モニターとして参加したいと思う企業を一つ一つ調べていかなくてはいけません。

モニターとして応募できるサイトの代表としていくつか紹介していきます。

スポンサードリンク

①ちょびリッチ

ちょびリッチでは主に飲食店に覆面調査(ミステリーショッパー)として趣き、料理やサービスをレビューする案件や、化粧品や健康食品を購入・使用した結果をレビューする案件を中心に扱っています。

ちょびリッチはなんといってもポイントの還元率が魅力です!

登録はこちら 賢くお小遣いを貯められるお得なサイトは『ちょびリッチ』

具体的にいくつか見てみましょう。

この案件の場合謝礼は「飲食代金の60%上限6,000ちょびポイント」となっています。

飲食代金の60%がちょびポイントして還元されますが、もらえるポイントの上限が6000ちょびポイントということですね。

つまりこういうことです。

ケース① 飲食代10,000円の場合

ちょびポイント:10,000円×60%=6,000ちょびポイント

ケース② 飲食代20,000円の場合

たくさんポイントが欲しいと思って、一杯注文したとします。

(×)ちょびポイント:20,000円×60%=12,000ちょびポイント

(○)ちょびポイント:20,000円×60%=6,000ちょびポイント

上限が6,000ちょびポイントとなりますので、残念ながらもらえるのは6,000ちょびポイントだけになります。

ただし、ポイントは即時利用できるわけではなく、後日還元されますので、「実質」6割引きのお値段で食事が出来るということになります。

化粧品や健康食品のモニターも同様の考え方でOKです。

ただ、中にはこんな掘り出し物案件もありました。

な、な、なんとちょびポイントが固定の案件です!

使用した飲食代にかかわらず7,000ちょびポイントですから、お一人様でおなか一杯食べたとしてもお釣りがきます。

案件を上手に探していければ、良い収入源となりそうですね!

登録はこちら 賢くお小遣いを貯められるお得なサイトは『ちょびリッチ』

スポンサードリンク

②マクロミルのモニタサイト

マーケティングリサーチを生業とする大手企業「マクロミル」が運営するモニタサイトです。

マクロミルのモニタサイトでは、主にアンケート案件が扱われています。

マクロミルのアンケートの種類には以下の3つがあります。

①Webアンケート

②日記形式アンケート

③オンラインインタビュー調査

登録はこちら⇓⇓

①Webアンケート

スマートフォンやパソコンで回答する一般的なアンケートです。

スマホでも入力しやすいように入力画面も改良されています。

ちょっと空いた時間にアンケートを答えやすくなっていますね!

②日記形式アンケート

一回の回答で終わるのではなく、一定期間中、特定のテーマに沿って毎日を記録し続ける必要があります。

根気が必要そうですが、毎日コツコツ作業することに抵抗のない人に向いていそうです。

③オンラインインタビュー調査

マクロミルの調査員とオンライン上でインタビューを行います。

入力する作業や継続する必要がないので、オンライン上で人と話すことに抵抗のない人は試してみるのも良いかもしれません。

具体的な案件については、無料会員登録をしなければ閲覧することが出来ないようです。

マクロミルは初回交換ポイントが300ポイントからと、かなり低く設定されています。

また、手数料も無料ということで案件を通して得たポイントを無駄なく利用することが可能です。

情報を取り扱ってきた大手企業であるので、個人情報の保護や取扱いに対して安心感を持てるのも、利用するメリットと言えそうです。

そんながっつり稼ぐ必要はないけれど、ちょっとお小遣いが欲しいなという人に向いていると思います。

登録はこちら⇓⇓

③Cue monitor(キューモニター)

Cue monitor(キューモニター)は株式会社インテージが運営するサイトです。

マクロミルと同様にアンケート案件を取り扱っています。

マクロミルとの違いはアンケートの種類が多いことでしょう。

Cue monitor(キューモニター)で用意されているアンケートは以下の6種類です。

①通常のアンケート

②日記式アンケート

③お買い物調査(ショッピング・ダイアリー)

④製品テスト

⑤会場アンケート

⑥グループインタビュー

登録はこちら⇓⇓

①通常のアンケート

様々な商品やサービスの利用状況やご意見を伺います。2~3ポイントの簡単なアンケートから、数十~数百ポイントのアンケートまで様々な種類があります。

②日記式アンケート

一定期間中、特定のテーマについて日々ご回答いただく日記形式のアンケートです。

③お買い物調査(ショッピング・ダイアリー)

自分で購入した商品や、もらい受けた贈答品の情報を日々入力する調査です。継続してご協力いただくことで、16週間で最大7,900ポイントためることができます。

④製品テスト

自宅に届く商品サンプルを使用して感想や評価を回答するアンケートです。お試しいただく商品は、飲食料品や化粧品などさまざま!

⑤会場アンケート

指定の会場にお越しいただき、実際に商品を使用したり映像をご覧いただいて、感想や評価をご回答いただくアンケートです。

⑥グループインタビュー

指定の会場にお越しいただき、3〜5人程度で商品やサービスについてお話いただきます。1回につき、1~2時間程度で数千円程度の謝礼がもらえます。

Cue monitor(キューモニター)もマクロミルと同様に、隙間時間を活用したお小遣い稼ぎに向いているといえそうです。

登録はこちら⇓⇓

まとめ

いかがでしたか?

隙間時間を活用したい人、本業の収入にプラスしたい人は是非試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 田中 正吾 より:

    NHKのにゅうすで知りました。先ずは試して見たいと思います。