アンジャッシュ解散を救った芸人N・西尾季隆(X-GUN)は性格が最悪!?【行列のできる法律相談所】

アドセンス(リンク広告)

スポンサードドリンク




5月5日放送の【行列のできる法律相談所】に今話題の芸人アンジャッシュが登場!

あの時叱ってくれた人実名告白SPということで、アンジャッシュ解散を救った芸人Nとのエピソードを語ります。

今では超人気のアンジャッシュにあった解散の危機を救った芸人N・X-GUNの西尾李隆さんですが、性格が最悪との噂が!?

今日はその真相に迫りたいと思います。

5月5日放送 【行列のできる法律相談所】の登場人物記事!

5月5日放送の【行列のできる法律相談所】に大人気芸人サンドウィッチマンが登場! あの時叱ってくれた人実名告...

スポンサードリンク

西尾李隆(X-GUN) プロフィール

本名:西尾季隆

コンビ名:X-GUN

相方:さがね正裕

別名:アジアの超特急

結成年:1990年

事務所:ホリプロコム

活動時期:1990年 –

出会い:音響専門学校

出身:東京都 荒川区

育ち:京都府

相方のさがねさんとは大阪の音響学校で共にお笑い好きという共通点があり出会い仲良くなります。

ただ当初から芸人になりたいと思っていたわけではなく、心斎橋筋2丁目劇場で行われていた、一般参加お笑いイベント「2丁目アマチュアナイト」の司会Wコージこと、今田耕司と東野幸治にあうために舞台にたちました。

その時今田・東野に「君らプロになるの?」と言われ、芸人になることを決意しました。

1990年に「X-GUN」結成し、現事務所であるホリプロコムにオーディションで合格し、今でも芸人として活動しています。

コンビ名を改名したことがある!?

そんなX-GUNですが、なんと一度改名したことがあります。

きっかけは細木数子の「ズバリいうわよ!」でのこと。

細木数子さんの意向によりコンビ名が「丁半コロコロ」になりました!

私も当時そのTV番組を見ていましたが、X-GUN西尾さんのなんとも言えない表情だけはなぜか今もすごい覚えています。

これが話題を呼び、ブレイクできればよかったのですが、残念ながらあまり影響はありませんでした。

その結果、2006年~2008年まで「丁半コロコロ」として活動した後、コンビ名を「X-GUN」に戻します。

ちょうど細木数子さんがTV界を離れた時期と重なりますから、チャンス!と思ったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

アンジャッシュの解散危機を救った?

今やバラエティ、お昼番組、グルメ番組とひっぱりだこはアンジャッシュですが、解散を考えていた時期がありました。

当時のことを児嶋さんはこう語っています。

9年目ぐらいかな。『オンエアバトル』に出てた頃って、『オンバト』以外に仕事がほとんどなかったんです。結構仕事やってきてるのに、全然お金ないし、仕事ないし、借金だらけだし。『バカ爆走!』っていう人力舎のライブが毎月あるんですけど、ここに向けて新ネタを作る。まぁまぁウケた。あぁよかった。でも別の仕事はない、2人とも借金増えてく。それでまた次の月のライブがくるからネタ作る。あぁウケた。その後仕事ない。これ何なんだろうなってだんだんなってきて。ちょっとおかしくなってくるんですよね。ずーっと辛いんですよ。ネタ作りも辛いし。仕事ないのも辛いし。もう、一回離れたくなっちゃったんですね。それで明日ネタ作りで渡部に会う時に、言おうと思って。そう決めて、「解散しようって言おうと思う」って当時同棲してた今の嫁さんに言ったら、「いやちょっともったいないよ。ライブとかでウケてるのに」って。


https://bunshun.jp/articles/-/7054?page=4

それを受け、児嶋さんのお嫁さんが当時仲の良かったX-GUNの西尾さんに相談します。

嫁さんが、仲が良かった先輩芸人、X-GUNの西尾(季隆)さんに連絡したんですよね。西尾さん、夜中の2時くらいなのに来てくれて。「いやいや、やめたらあかん」「『オンバト』でもすげーウケてるやん。お前らがやめるんやったら、俺らが先にやめなあかんわ」みたいなことまで言ってくださって。あぁ、もう先輩がそこまで言ってくれるんだから、ってとりあえず踏みとどまったんです。


https://bunshun.jp/articles/-/7054?page=4

解散の危機を脱してからしばらく、児嶋さんから相方の渡部さんにこの話をしたところ、「あのタイミングで児嶋がそれを言ってたら、たぶん解散してただろう」とのこと。

まさに、アンジャッシュにとってX-GUNの西尾さんと、児嶋さんの奥様は恩人といえるでしょう。

もしこれがなかったら、今のアンジャッシュはなかったと考えるとすごいことですね。

スポンサードリンク

X-GUN西尾季隆は性格が最悪!?

そんな後輩芸人思いはX-GUNの西尾さんですが、巷では「性格が最悪」と言われています

そんなことあるわけない!と実態を調査しているとその評判の原因はこんなかんじであることがわかりました。

①「説教ネタ」が不快?

それはX-GUNの定番コント「説教ネタ」。

相方のさがねさんのボケに対し、結構真面目なトーンで西尾さんが説教するというもの。

一時期はウケて、あの人気番組「ガキの使いやあらへんで 笑ってはいけない24時」にも出演。

その中では相方さがねさんだけではなく、具志堅用高さんやサッカーの武田修宏にも説教をしました。

笑ってはいけないの雰囲気もあってか、あまり面白くなく微妙な空気でした。

そんなことから、西尾さん自身の性格が悪いという噂に波及してしまいました。

②韓流ブームに乗っかっただけのにわか?

西尾さんはKPOP好きとしても知られます。

特に少女時代やKARAのファンとのこと。

それ自体は別に良いと思うのですが、ファンからは冷ややかな声。

「最近ファンになったくせに語ってんじゃねえよ」

「知ったぶって話すのが嫌い」

「ファンの気持ちもしらないくせに

ブームにすり寄ったのか、本当にファンなのか、またまたしったかぶったような話し方が鼻についたのは定かではありませんが、敵を増やしてしまったようです。

③有吉・ピコ太郎 仲違い事件の黒幕だった!

かつて、有吉さんがとあるラジオ番組でピコ太郎を激怒させ、2年ほど会話のない絶縁状態となった事件がありました。

なんでも有吉さんがピコ太郎に「めちゃめちゃ滑ってましたね。つまんなかったですね。」と発言。

有吉さんからしたら、いつもの毒舌トークだったのでしょうが、当時あまり面識のなかったピコ太郎さんは「マジで言ってんのかお前!」と大激怒!

そして有吉さんに「今日滑ってたと言え!」と指示したのが、X-GUNの西尾さん。

このことはご本人もTwitterで認め、謝罪しています。

https://twitter.com/nicchamen/status/800693467814838273?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E800693467814838273&ref_url=https%3A%2F%2Fentert.jyuusya-yoshiko.com%2Fx-gun-nisio%2F

西尾さんとピコ太郎はかつて事務所が一緒でしたし、ボキャブラ天国でも競い合った仲と言います。

西尾さんはジョークのつもりだったのかもしれませんが、それを有吉さんに言わせたのがまずかったのかもしれませんね。

アンジャッシュ解散を救った芸人N・西尾季隆(X-GUN)は性格が最悪!?【行列のできる法律相談所】まとめ!

・アンジャッシュの解散の危機を救った芸人NはX-GUNの西尾季隆。

・X-GUN西尾は性格が悪いという噂だが、あながち間違いではない。

5月5日放送 【行列のできる法律相談所】の登場人物記事!

5月5日放送の【行列のできる法律相談所】に今話題の竹内涼真さんが登場! あの時叱ってくれた人実名告白SPということで、竹内涼…
http://ryota-be-free.com/2019/05/05/gyoretu-sandwitchman-onjins/
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする